Becoming a ManagerのV章を読んだ

Becoming a Managerの9章を読んだ
の続編

マスタカと言えばマネージャー
マネージャーと言えばこうだよねっていう神話を叩くぞ!


・マネージャーになること
マネージャーになることはボスになることは違う
マネージャーになることは人質になることだ
色んな人があなたを拐いに来る
誰も聞かないし、誰も気にかけてくれない

また、他人に依存することになる
依存するのはチームだけでなく以下全部
内部の人:上司、部下、同僚
外部の人:サプライヤー、顧客、競合

 

・良いマネージャーは権限に頼らない
公式の権限に頼った時
部下はコントロールできるけれども、コミットは引き出せない

 

・3つの重要なリーダーシップの機能
方向性を決める
ビジョンの設定とビジョンの達成のための戦略を作る
複眼思考で複雑であいまいなデータを理解する能力が必要
人々を一致団結させる
言葉や行動で戦略やビジョンを伝える
モチベーション
コーチングや振る舞いと態度を変えさせる影響を与えてパフォーマンスを上げる

 

・成功する企業
成功する企業はますますマネージャーの能力に依存するだろう

マネージャーは技術スキルが必要で、さらにコンセプチュアルスキルやヒューマンスキルが必要
コンセプチュアルスキルは、曖昧で衝突してるデータから納得いく方向性を作るスキル

 

・ダイバーシティー
グローバル化が進んだ影響でマネージャーはダイバーシティーが求められる

 

・マネージメントの理想と現実
・指示の仕方
理想:権威を使う
現実:相互依存
・主要なプレイヤー
理想:部下
現実:あなたの権力の範囲外も含む
・力の源
理想:公式の権威
現実:思い付くもの全て
・集中すべきこと
理想:1on1の管理
現実:1on1の管理とチームを率いること
・望まれている結果
理想:コンプライアンスを守ったコントロール
現実:権限委譲を通じたコミットメント
・主要課題
理想:複雑さへの対応
現実:複雑さと変化への対応
・本質的な能力
理想:技術
現実:技術、人間的魅力、コンセプチュアル

 

権威に従う人少なすぎだろう・・・・・・・・
ならなきゃ分からないこと
それがマネージャー・・・・・・
まだまだ続くよ

関連記事:

Pocket