iOSアプリにFirebase Analyticsを入れた

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB DB PRESS plus)

新品価格
¥3,456から
(2019/2/15 08:30時点)


Google アナリティクス開発者サービス SDK の終了
というアナウンスが出た
https://support.google.com/firebase/answer/9167112
そんなわけでFirebaseに移行してみた


・やり方
https://firebase.google.com/docs/ios/setup?hl=ja

・Firebaseのバージョンの確認方法
https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk/releases

・実装
AppDelegateのdidFinishLaunchingWithOptionsに書く

・setScreenName
setScreenNameの実装はできるが
自動で落ちるログと自前で設定したScreenViewのログが両方落ちてしまう模様
特別に取りたいところ以外は自動にするしかなさそう
Google Analytics for Firebase does NOT support the case of manual-only screen reporting

・Swift化
いい機会なのでAppDelegateをswift化する
main.m、AppDelegate.h、AppDelegate.mを削除して
AppDelegate.swiftを追加。新規プロジェクト作ってコピペすると簡単
http://d.hatena.ne.jp/shu223/20140603/1401838227

・AppDelegateでNavigationbarの色を実装する
AppDelegateでNavigationbarの色を実装すると以下のエラーがでた

AppDelegateで色変える場合は以下

https://blog.personal-factory.com/2015/12/06/swift-change-the-navigationbarcolor/

 

こうしてFirebase Analyticsを導入できましたとさ
もう少し続くよ

関連記事:

Pocket