2022年9月のアセットアロケーション

2022年5月のアセットアロケーション
の続編

9月のアセットアロケーションを紹介


・2022年5月のアセットアロケーション
流動性:28%
国内株:17%
国内REIT:3%
先進国株:44%
新興国株:4%
外貨:4%

 

・2022年9月のアセットアロケーション
流動性:26%(-2%)
国内株:17%
国内REIT:3%
先進国株:46%(+2%)
新興国株:4%
外貨:4%

 

・2022年9月の内外比率
流動性:25%(-2%)
日本リスク資産:20%
外国リスク資産:55%(+2%)

 

・2022年9月のリスク比率
流動性:25%(-2%)
リスク資産:75%(+2%)

 

・2022年9月のアセットアロケーションの感想
資産額としては1ドル140円だったりGoToトラベル再開により5月より資産額は伸びてます。
結果、日本株と外国株が大きく伸びて比率としては流動性が下がっています。
後はお金ちょっと使ってるなぁって印象ですかね。
リスク取りすぎに見えるけど単純に円建ての資産価値が増えてるだけで投資額は増えてないです。
流動性30%割っているのでこちらが回復するまでは当面流動性回復を目指していきたいと思います。
年収は大きく増えたのでまぁ待ってれば回復するはず。

 

・年末のアセットアロケーション
以下を目指す予定

流動性:30%
国内株+国内REIT:15%
先進国株:50%
新興国株:5%

 

今年はお金使うので投資額減ってますが、円安や旅行業界活性化で資産は良い感じに増えています。
当面は投資額を抑えながらNISA枠を埋めていこうと思います。
今年のマスタカさんに期待

関連記事:

Pocket