Flutterの開発環境をセットアップした

毎年一つ新しい言語を覚えるのがエンジニアの流儀
今年はFlutterを学ぶことにしたのでセットアップのやり方


・Android
まず以下のエラーがでる

flutter doctor

[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 32.0.0)
    ✗ cmdline-tools component is missing

これはAndroidStudioのtoolsのパスの設定で解消
https://qiita.com/ShortArrow/items/46ca3717384039419605

次のエラー

✗ Android license status unknown.
  Run flutter doctor --android-licenses` to accept the SDK licenses.

これは以下を実行で解決する

flutter doctor --android-licenses --verbose

 

・iOS
doctorでエラーが出る

[!] Xcode - develop for iOS and macOS
    ✗ Xcode installation is incomplete; a full installation is necessary for iOS
      development.
      Download at: https://developer.apple.com/xcode/download/
      Or install Xcode via the App Store.
      Once installed, run:
        sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer
        sudo xcodebuild -runFirstLaunch

これは以下で解決する

sudo xcode-select --switch /Applications/hogehoge/Xcode_13.2.1.app/Contents/Developer

 

・Flutterのパッケージ作成方法
コマンドラインで実行する
Reactもそうだし、こうやって作るのが流儀なんですかね

flutter create --org com.example-domain mobile_app

 

・パッケージ管理
以下で実行する
pubspec.yamlの中身を見に行く

flutter pub get

 

・AndroidStudio
開発環境は今回AndroidStudioにした
やり方は以下。プラグイン入れるだけなので楽
https://qiita.com/henjiganai/items/3419ca49a3e36bc59828

実行時に以下のエラーがでる

Error: Not found: 'dart:ui'

Edit Configurationで設定すれば解消する
https://qiita.com/zb185423/items/5c90dc4c819cee5ca498

 

これでAndroid/iOSに対してデプロイすることができるようになりましたとさ

関連記事:

Pocket