[書評]FACTFULNESSを読んで、事実とは何かを知った

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
を読んだ

マスタカと言えば事実である!
そう、事実なのである!

そんなわけで本書を読んでみた
以下、内容


・本書の内容
主に世界の見方について
誤った認識を数字を用いて説明した本
かなり面白かったです

 

・最初のクイズ
4/13でした・・・
ギリギリチンパンジーレベルだわ

 

・行動は
国や宗教が違っても
所得が同じなら共通点は多い

結局金だよ(・ェ・`)

 

・物事がうまくいかないとき
犯人を探すよりシステムを見直した方が良い

 

・物事がうまくいったとき
社会基盤とテクノロジーのおかげ

 

・いますぐ行動を!という訴えには
データを改善することから始める

 

・いますぐに決めなければならないと感じたら
自分の焦りに気づくこと
焦り本能を抑えるには小さな一歩を積み重ねる

 

本書は新鮮なことばかりでとても面白かったです
世界の真実が何か知りたかったらぜひ読んでみてほしい1冊です

関連記事:

    None Found

Pocket