個人開発サービスのサーバー切り替えのやり方

TECHNICAL MASTER はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編 1810対応 第2版

新品価格
¥3,672から
(2019/8/19 10:16時点)


個人開発してるサービスは
当然サーバー1台なので冗長かもクソもない
本当はPaasやCaas等に置きたいんだけど金がかかるので・・・

そんなわけでやり方


・切り替える理由
OSのバージョンアップのため

・サーバーを2台用意する
旧VPS:運用中のサーバー
新VPS:これから切り替えるサーバー

・環境構築
旧VPSと同じプログラムを突っ込む
crontabも含めて

・DBデータの復旧
旧VPSのバックアップファイルを
新VPSにデータを挿入

・動作確認
この時点で動くようになってるので
新VPSで動作確認する

・バックアップ処理の追加
旧VPSは別サーバーにバックアップを保存してるので
新VPSも別サーバーにバックアップで保存

・Let’s Encryptのコピー
旧VPSのLet’s Encryptのコピーを
新VPSに置く
Let’s Encryptの利用するサーバーを移行した

・DNSのTTLの変更
切り替えをスムーズにするためにTTLを変更
さくらのVPSで利用しているドメインのTTLを変更する
色んなサイトの、DNSのTTLについて調べてみた

・DNSの切り替え
DNS→旧VPS

DNS→新VPS
に変更

・ロールバック
やらかしたら
DNS→新VPS

DNS→旧VPS
に変更することでロールバックできる
なので切り替えた後もしばらく旧VPSはそのままにする必要がある

関連記事:

Pocket