Real World HTTP 第2版の1章を読んだ

Real World HTTP 第2版 ―歴史とコードに学ぶインターネットとウェブ技術
を買ったマスタカです

1章 HTTP/1.0の世界:基本となる4つの要素
を読んだので新しく知ったことをまとめる


・http1.0固定のcurl

curl --http1.0 http://localhost:18888/greeting

中身

GET /greeting HTTP/1.0
Host: localhost:18888
Connection: close
Accept: */*
User-Agent: curl/7.64.1

・curlでリダイレクト先のデータを取得
これ知らなかったwww
-Lでリダイレクト先を取得するようになる

curl -L http://google.com

 

・ヘッダーの扱い
ヘッダーの扱いかはプログラミング言語によって違う
1. 区切り文字が_に変換されるものがある
2. 複数のヘッダーはカンマ区切りになるものがある

 

・日本語ドメイン
エンコーディングルール Punycodeが決まってる
「日本語.jp」は「xn--hgoehoge.jp」に変換される

 

・Golangを動かしてみた

GolangをVSCodeで実行する

・Golangのサンプル書いて調べたこと
main redeclared in this block previous declaration at
ファイルを別ファイルにすればよい
https://mebee.info/2020/03/19/post-6646/
変数の代入
var s = “test”
s := “test”
は同じらしい
https://qiita.com/chenglin/items/58b31c3a89d4c8f73cda

 

1章を読んだ感想としては
Golangは全くわからないwwww
けど基本的なhttpの話だったのでサクサク読めましたとさ

続くよ

関連記事:

Pocket