怒りを鎮める うまく謝るを読んだ

科学の知恵 怒りを鎮める うまく謝る
を読んだ

マスタカと言えば怒る男
そんなわけで本書を読んでみた

以下、内容


・喧嘩の後
積極的なコミュニケーションを取る方が仲直りしやすい
冷却期間をおいたり、腹が立つのが落ち着くのも待つのは悪くないが
積極的にコミュニケーションは取る必要がある

 

・バンドワゴン効果
ある選択肢が受け入れられている流行していると知ると
支持がさらに強くなる

ネット上で謝罪した芸能人に対して風当たりが強くなる一因

 

・怒りやすい状況
生命や身体を守るとき
侮辱されたとき
愛する家族を守るとき
自身の居場所を守るとき
友人を守るとき
社会の秩序を守るとき
資源を守るとき
自分の属する集団を守るとき
自由に移動できないとき

 

どちらかというと学術的に寄りすぎてて
難しい印象を受ける本でした
怒りについて客観的に知りたい人はぜひどうぞ

関連記事:

    None Found

Pocket