[書評]CLASS ACTを読んで良い物が欲しくなった

CLASS ACT(クラス・アクト)世界のビジネスエリートが必ず身につける「見た目」の教養
を読んだ

マスタカと言えばエリート
そうエ!エ!エリートなのである!

以下、ためになったこと


・身に付けているもの
身に付けているものにストーリーを求められることがある
日本の文化に紐づくものを持っていると好感度が高いとのこと
これはわかるなぁ・・・・
ピカチュウの何かとか持ってたらピカチュウ好きなんですかで話はずむもんね!

 

・家族を褒める
日本だと家族を下げるが
文化的な違いで海外だと家族を褒める必要がある

なので日本の文化と調和させるために
自分はダメだが妻は料理が上手
みたいな感じで自分を下げることがで調和を取る
これはわかりやすい

 

本書全体の感想としては
マスタカのようなスーツ着ない人だとあんまり関係ないなぁって感じがする
ただ、その中でも日本の文化のものを持つってのは面白い発想だなと思ったので
何か探してみようかなって思った
日本の伝統の小物探しの旅が今始まる

 

関連記事:

Pocket