[書評]課長になれない人の特徴


課長になれない人の特徴 今の上司には何が求められているのか
を読んだ

マスタカと言えば社長になる男!
そんなわけで本書を読んでみた


・本書の内容
出世キャリアと残念キャリアという書き方をして
どういう心構えが課長になるためには必要かということを書いた本
結構面白かったです

ためになったことをここからつらつら書いていく

・忙しい
忙しいということは余裕がないので、次の新しい仕事「マネジメント」は回ってこない
なので、何か刺激が足りないとか生意気を言う人の方がマネジメントの仕事が回ってきやすい
これはわかる

・計画
マネジメントは計画がすべて
実行は部下に任せる

・コミットメント
自分の仕事は終わったので帰ります
定時だから帰りますではない

・頑張ろう
今日だって頑張って業績未達なのに
明日頑張れば結果が出ると思ってる
そんなわけないやん
頑張っても結果がないことはある

・期待感
出世するということはDOからPLANへ仕事が移る
PLANの力を見せましょう

・業績が出なかった人へのアドバイス方法
なぜ業績がでなかったか聞くのではなく
終わったことはしょうがないので、次どうすれば業績が上がるか考えよう

・振る舞い
明るく振舞うこと

・秩序
誰の意見を優先するか。普通は上司、これが秩序

・石切工
1.切れと言われたので切ってる
2.世界一の石切工になるため
3.皆が集まる教会を作ってる

仕事に取り組む気持ちはどれが良いかな?

・戦略
戦略はビジョン・ミッションを実現するためのもの
業績を上げるためのものではない。
なので戦略を批判するならビジョン・ミッションを噛み砕かないといけない

・自社の戦略を批判する人がいたら
経営者は業績をあげることだけを考えているんじゃないと思うよ
一緒にミッション・ビジョンをみてみよう

・チームリーダー
チームメンバーのマネジメントの他に
他チームのリーダーとの折衝をする必要がある

・協業
事業部制になっている場合
チームリーダーの役割はマネジメントより協業がメインの仕事になる

・出世
任される仕事の量が組織内の上下を決める
仕事を任される快感を味わおう

・仕事を任せる
自らが行う易しい仕事を任せて、自分は難しい仕事をやる
いつかは自分がやってる仕事をすべて任せられるようにならないといけない

・これだけは許せない
時間を守らない人を絶対に許さない人がいるので
きちんと時間を守ろう

・現代の出世キャリア
明日の夢を見よう
明るく・楽しく!
まぁ、そう言わずにリラックスしましょう

 

本書は結構面白かったです
まぁ、リラックスして生きていきたいと思います

関連記事:

Pocket